月別アーカイブ: 2015年5月

経過観察

インターネットには有料で専門家のアドバイスが貰えるサイトがあります。

そこで時々獣医師さんのアドバイスを貰っています。

今回も診察の結果、今後の方針について伺ったところ、薬を控えることになるので、1週間程度は経過観察が重要とのこと。確かにその通りですね。

診察時にも何か容体の変化があったらいつでも来るようにとの話がありましたが、「観察」には直結しませんでした。

 

で、今日のレオさんはビタミン剤だけ。声の出方は少しいい感じ。でも夕方胃液を吐いてしまったようです。ご飯が足りなかった(というか寝ていたのでおやつが少なかった)らしい。

明日以降もしっかり観察せねば。

通院

今日で薬がなくなるので受診しました。

見た感じは小康状態。声の出方が若干良くなった気がする。反面、散歩の終わりごろに右足が少しもつれるような気も。

診察は歩行テスト、ナックリングテスト。どちらも異常なし。右瞼の反応はなし。見えてはいるらしい。

ステロイドの継続判断のため血液検査を実施。

やはり肝機能に問題が出てきている(最後の2項目)のでステロイドの投与間隔を1日おきから2日おきに変更。

CRPは改善(2.0→0.2)。

抗生剤は中止し、2日おきの消炎剤(ステロイド)とビタミン剤を2週間分処方される。

また、体重が更に減って10.8Kg(ハーネス付)。5月初旬は12Kg強。最近は食欲全開なのに。

基準値が外れているのは下記の項目。

LYM 0.84(1.00~4.80)
%LYM 7.7(12.0~30.0)
%MONO 5.1(2.0~4.0)
PLT 61.8(20.0~50.0)
Ht 56.7(37.0~55.0)

ALT 192(17~78)
ALP 429(47~254)

脳圧を下げる薬とかも考えている模様。
MRIを勧められましたが、まだ声にかすれがあるのことから麻酔のリスクは高いと思い今のままの治療の継続をお願いしました。
状態が悪化し麻酔のリスクとか言ってられなくなったらお願いしたいと言ったところ、そうなっては手遅れとのこと。まあ分からなくはありませんが。

顔面麻痺は原因不明という場合も多いらしい。
素人判断では、耳の炎症から麻痺が起きたが炎症自体は治まりつつあるのが現状かなと思っています。

あとは時間が解決するのかと期待も込めて思っています。

早く元気になっておくれ。

 

今日のレオさん

レオさんの状態は今日も変化なしです。

ステロイドを減らしていても安定しているので良いと思うべきなのかな。

見た目は元気な子と変わりないんだけど。瞬きできないので時々涙がこぼれ落ちるのが痛々しい。

早く元気になって欲しい。

 

今日のレオさん

食欲は完全復活、声は一進一退、瞼は変わらず。

右の耳に息を吹きかえるとちょっと怒る。麻痺しているから感覚がないのかと思ったけど違うのかな。

ステロイド剤は1日おきになったがその影響はなさそう。ただ、継続して服用していた時はかなり水を飲んだがそれはなくなった。

焦っちゃいけないけど・・・早く良くなって欲しい。

 

今日のレオさん

夕方お散歩へ。元気に歩けました。

麻痺は変わらないみたい。

今日はフィラリア兼ノミダニ避けの薬を飲む日。結構大きな錠剤(2つに割ったけど)だったのでチーズに包んでもばれそうになった。匂いかな?

でも、大好きな鱈をすぐに上げたらごっくん。可愛いやつ。^_^

 

正しい耳掃除の仕方

インターネットで(有料で)各分野の専門家からアドバイスを貰えるサイトがあります。

時々利用しており、今回標題の質問をしました。いつも回答を下さる専門家(獣医師さん)から回答を頂きましたが、その方もこの分野は専門外とのことで他の専門家から広くアドバイスを求めることとなりました。

ところが・・・この件は誰も回答してくれませんでした。

なかなか難しい質問だったようです。

さて私はどうしたものか。見えないところに液体を流し込むのは抵抗があるので、見える部分だけ拭いて、頭を振ったり、耳のあたりを掻いたりするようなら病院に連れて行くという従来通りの対応にしようかと思っています。

今日のレオさん

朝はダメですが、少しづつ声に力強さが戻ってきています。

でも張り切って吠えると、その後にオェーって感じで苦しそう。

少ーしづつ回復しているのかな。瞼が閉じないのは可哀想。

明日から抗炎症剤(ステロイド)は1日おきになります。

そうそう、ネットでカラーを2種類買いました。ソフトタイプと普通のもの。

でもレオさん、それを見ると逃げます。嫌だったのか、すでに忘れてただ怖いのか。

当分出番はなさそう。

ちなみにレオさんは3Lサイズです。^_^; 首回りが42cm位あるので。