犬の十戒 / 虹の橋

犬の十戒
 1.My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you get along with me.
   私の一生はだいたい10年から15年。あなたと離れるのが一番つらいことです。どうか、私と暮らす前にそのことを覚えておいて欲しい。
 2.Give me time to understand what you want of me.
   あなたが私に何を求めているのか、私がそれを理解するまで待って欲しい。
 3.Place your trust in me- it's crucial to my Well-being.
   私を信頼して欲しい、それが私の幸せなのだから。
 4.Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.
   私を長い間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで欲しい。あなたには他にやる事があって、楽しみがあって、友達もいるかもしれない。でも、私にはあなたしかいないから。
 5.Talk to me. Even if I don't understand your words, I understand your voice when it's speaking to me.
   話しかけて欲しい。言葉は分からなくても、あなたの声は届いているから。
 6.Be aware that however you treat me, I'll never forget it.
   あなたがどんな風に私に接したか、私はそれを全て覚えていることを知って欲しい。
 7.Remember before you hit me that l have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.
   私を殴ったり、いじめたりする前に覚えておいて欲しい。私は鋭い歯であなたを傷つけることができるにもかかわらず、あなたを傷つけないと決めていることを。
 8.Before you scold me for being uncooperative, obstinate, or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food or I've been out in the sun too long or my heart is getting old and weak.
   私が言うことを聞かないだとか、頑固だとか、怠けているからといって叱る前に、私が何かで苦しんでいないか考えて欲しい。もしかしたら、食事に問題があるかもしれないし、長い間日に照らされているかもしれない。それか、もう体が老いて、弱ってきているのかもしれないと。
 9.Take care of me when I get old ; you, too, will grow old.
   私が年を取っても、私の世話をして欲しい。あなたもまた同じように年を取るのだから。
10.Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it ." or " Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you are there. Remember I love you.
   最後のその時まで一緒にいて欲しい。言わないで欲しい、「もう見てはいられない。」、「居た堪れない。」などと。あなたが隣にいてくれることが私を幸せにするのだから。忘れないで下さい、私はあなたを愛しています。
ノルウェーのブリーダーさんが飼い主さんに伝えている犬から飼い主さんへのお願いだそうです。
虹の橋(Rainbow Bridge)
Just this side of Heaven is a place called Rainbow Bridge...
When an animal dies that has been especially close to someone here, that pet goes to Rainbow Bridge.
There are meadows and hills for all of our special friends so they can run and play together.
There is plenty of food and water and sunshine, and our friends are warm and comfortable.
All the animals who had been ill and old are restored to health and vigor; those who were hurt
or maimed are made whole and strong again, just as we remember them in our dreams of days and times gone by.
The animals are happy and content, except for one small thing: they miss someone very special to them;
who had to be left behind.
They all run and play together, but the day comes when one suddenly stops and looks into the distance.
The bright eyes are intent; the eager body quivers. Suddenly he begins to break away from the group,
flying over the green grass, his legs carrying him faster and faster. YOU have been spotted, and when you
and your special friend finally meet, you cling together in joyous reunion, never to be parted again.
The happy kisses rain upon your face; your hands again caress the beloved head, and you look once more
into the trusting eyes of your pet, so long gone from your life but never absent from your heart.
THEN YOU CROSS RAINBOW BRIDGE TOGETHER...
天国の入り口の少し手前に「虹の橋」と呼ばれる橋があります。
愛された動物達は、お別れが来るとこの虹の橋に行くのです。

そこに行った動物たちは、広い草原や丘を走り回り、思い切り遊んでいます。
ぽかぽか降り注ぐ日差しの下で美味しいごはんを食べ、綺麗な水を飲んでいます。
動物達は、暖かく気持ちのいい場所にいます。
病気だった動物も、寿命を全うした動物も、元気になり、活力にあふれています。
怪我をした動物も、不自由な体だった動物も、健康な体になり、生き生きしています。
私達の記憶と夢の中にある、あの元気だった頃のように…

動物たちは、みな満足し安らいでいます。
でも…1つだけ足りないものがあるのです。
動物たちにとって特別だったあの人、別れなければならなかったあの人がいないのです。

動物たちは、今日も走り回って遊びます。
ある日、1匹の動物が急に立ち止まり、目を凝らします。
キラキラ光る目が一点を見つめ、希望と喜びに体が震えています。
突然、弾かれたように走り出します。
緑の草原の上を飛ぶように走ります。
足が、もどかしく宙をかきます。早く、早く…

あなたを見つけたのです。
あなたと、あなたの大切な動物は、ついに再会できたのです。
固く固く抱き合います。もう2度と離れません。
幸福のキスがあなたの顔に降り注ぎます。
あなたは優しく何度も体を撫でます。
頭を撫でながら、信頼にあふれた真っ直ぐな目を覗き込みます。
そう、お別れしても、決して忘れることのなかった目を…

そして…
あなたは虹の橋を渡り天国に向かいます。愛する動物と一緒に。
大切なペットとのお別れを書いた散文詩で、読んだ人の心に深く残ります。